肺炎球菌ってなに?感染するとどうなるの?

肺炎球菌は、多くの子どもの鼻やのどにいる身近な菌です。普段はおとなしくしていますが、子どもの体力や抵抗力が落ちた時などに、いつもは菌がいないところに入り込んで、いろいろな病気を引き起こします。


<肺炎球菌が引き起こす病気>
細菌性髄膜炎
脳や背髄をおおっている髄膜に菌が侵入して炎症を起こす。
日本では毎年約200人の子どもが肺炎球菌による髄膜炎にかかり、うち1/3くらいが、命を奪われたり、重い障害が残ったりしています。
菌血症
血液の中に菌が入り込むこと。
放っておくと、血液中の菌がいろいろな臓器にうつり、髄膜炎など重い病気を引き起こす心配がある。
肺炎
肺炎球菌という名の通り、肺炎の原因になる。
症状が重く、入院が必要になることもある。
中耳炎
風邪などで抵抗力が落ちた時に、耳の奥に感染し、炎症を起こす。
肺炎球菌が原因の中耳炎は、何度も繰り返し、治りにくいことがある。

この他にも、副鼻腔炎骨髄炎関節炎なども肺炎球菌によって起こります。


小児用肺炎球菌ワクチンってどんなもの?

細菌性髄膜炎など、肺炎球菌による重い感染症を予防する、子ども用のワクチンです。


<予防できる病気>
肺炎球菌による髄膜炎や菌血症、菌血症を伴う肺炎など。
これらの病気を予防するために接種します。
<接種する時期>
生後2ヶ月以上から10歳未満まで接種できます。
肺炎球菌による髄膜炎は約半数が0歳代でかかり、それ以降は年齢と共に少なくなりますが、5歳くらいまでは危険年齢です。(5歳を過ぎての発症もあります)
2ヶ月になったらなるべく早めに接種を受けましょう。
<効果>
アメリカでは2000年から定期接種となっており、ワクチンで予防できる肺炎球菌による重い感染症が98%減りました。世界の約100か国で接種され、うち43か国では定期接種されています。
現在、日本では定期接種とはされておらず、任意接種のワクチンとなっています。
<副反応と安全性>
ワクチンを接種した後に、発熱や接種部位の腫れなどの副反応が起こる頻度は、他のワクチンと同程度です。
発売以来、世界中の子どもたちに接種されています。


小児用肺炎球菌ワクチンの接種はどうしたらいいの?

当院で接種を受けることができます。(完全予約)
(*予約について詳細は<小児用肺炎球菌ワクチン「プレベナー」の予約について>をご参照ください。)

標準的な接種スケジュールは、
生後2〜6ヶ月で開始し、27日以上の間隔で3回(3回目までの接種を1歳未満で行う)、60日以上の間隔で1回追加接種を受けます。(計4回接種)
但し、接種を開始する年齢(1回目を接種する月齢)によって接種回数・接種スケジュールがかわります。
お子さんの年齢に合わせた接種スケジュールを確認の上、ご予約ください。
また、すでに接種開始年齢を過ぎていても、10歳未満までは接種することができます。
詳しいことは、ご相談ください。


接種についてのお問い合わせは
広瀬内科クリニック 代表052−629−0770 まで
通常診療時間内にお問い合わせください。

<小児用肺炎球菌ワクチン「プレベナー」の予約について>



関連ホームページ
子どもと肺炎球菌.jp(ファイザー株式会社)
小児用肺炎球菌ワクチン プレベナー.jp(ファイザー株式会社)


広瀬内科クリニック
458−0830 愛知県名古屋市緑区姥子山1丁目608
TEL:052−629−0770
http://hirosenaika.com