子宮頸がんとは?
予防できるがん、「子宮頸がん」。
正しい知識を身に付けて、大切な自分の身体を守りましょう。

子宮は、女性にしかない特別な臓器のひとつです。この子宮の入り口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんを、「子宮頸がん(しきゅうけいがん)」といいます。
子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。たとえ妊娠や出産を望まない女性であっても、後遺症が残り仕事や生活に影響するなど失うものは多大なものです。また、がんがもっと進行してしまった場合は、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。

子宮の構造と女性性器がんの種類 資料提供)GSK



子宮頸がんの原因はウイルス!
子宮頸がんの原因は、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染。
皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染するごくありふれたウイルスで、すべての女性の約80%が一生に一度は感染しています。

子宮頸がん(しきゅうけいがん)はその他のがんと異なり、原因が解明されています。子宮頸がんの原因は、ほぼ 100 %がヒトパピローマウイルス( HPV )というウイルスの感染であることが明らかになっています。子宮頸がんの原因である発がん性 HPV は、皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染するウイルスで、多くの場合、性交渉によって感染すると考えられています。発がん性 HPV は、すべての女性の約 80 %が一生に一度は感染していると報告があるほどとてもありふれたウイルス。このため、性行動のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っています。

ヒトパピローマウイルス(HPV)模式図 資料提供)GSK



子宮頸がんの症状
初期にはほとんど症状がない病気です。
がんが進行すると、子宮摘出だけでなく、命にかかわることも。

子宮頸がん(しきゅうけいがん)は、初期には全く症状がないことがほとんどで、自分で気づくことはできません。そのため、不正出血やおりものの増加、性交のときの出血などに気がついたときには、がんが進行しているということも少なくありません。
がんが進行すると、子宮をすべて摘出する手術が必要になることもあり、妊娠、出産の可能性を失い、女性にとって心身ともに大きな負担となります。

子宮頸がんの自覚症状について 資料提供)GSK

HPVとは HPVは100種類以上のタイプが存在。
このうちの約15種類が発がん性HPVと呼ばれています。

HPV は皮膚や粘膜に感染するウイルスで、 100 種類以上のタイプがあります。このうちの約 15 種類は子宮頸がんの原因となることが多いため、発がん性 HPV と呼ばれています。中でも、 HPV 16 型と HPV 18 型と呼ばれる 2 種類は、子宮頸がんを発症している 20 〜 30 代の女性の約 70 〜 80 %から見つかっています。
発がん性 HPV は、多くは性交渉の時に感染しますが、性器のまわりの皮膚や粘膜との密接な接触などによっても感染することがあるので、コンドームは感染を防ぐ有効な手段ではありますが、完全に防ぐことはできません。

子宮頸がんになるまでには、通常、数年〜十数年と長い時間がかかるので、定期的な子宮頸がん検診を受けていれば、がんになる前の状態(前がん病変)を発見し、治療することが可能です。

子宮頸がんになるまで 資料提供)GSK



子宮頸がんの予防ワクチン
子宮頸がん予防ワクチンは、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。
海外ではすでに100カ国以上で使用されています。

子宮頸がん(しきゅうけいがん)予防ワクチンは、発がん性 HPV の中でも特に子宮頸がんの原因として最も多く報告されている HPV16 型と 18 型の感染を防ぐワクチンで、海外ではすでに 100 カ国以上で使用されています。日本では 2009 年 10 月に承認され、 2009 年 12 月 22 日より一般の医療機関で接種することができるようになりました。
感染を防ぐために 3 回のワクチン接種で、発がん性 HPV の感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。

接種スケジュールと感染予防効果 資料提供)GSK

しかし、このワクチンは、すでに今感染している HPV を排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後の HPV 感染を防ぐものです。

子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因となりやすい HPV 16 型と HPV 18 型のウイルスに対する抗体をつくらせるワクチンです。なお、このワクチンに含まれるウイルスには中身(遺伝子)がないので、接種しても感染することはありません。


接種後にみられることがある症状

ワクチンを接種した後には、注射した部分が痛むことがあります。注射した部分の痛みや腫れは、体内でウイルス感染に対して防御する仕組みが働くために起こります。通常数日間程度で治ります。

接種後にみられることがある症状



検診の種類と費用
各種保険適応、自己受診など、保険の種類で費用も異なります。
費用は自治体によっても異なりますので、まずはお問い合わせを。

子宮頸がん(しきゅうけいがん)検診を受診する方法は様々で、金額も異なります。
自治体が実施している住民検診は、保健所や自治体が指定した医療機関で受診する必要があり、対象となる年齢、実施時期にも制限がありますが、自治体からの補助があるため、比較的安く受診することができます。費用は自治体によって異なりますが、 1,000 〜 2,000 円程度のところもありますので、一度自分の住む自治体へお問い合わせいただくことをおすすめします。
職場の健康診断を利用する方法もあります。健康保険組合によって費用が補助されることが多いので、一度、確認してみるといいでしょう。
また、住民検診や健康診断とは別に、婦人科などで子宮頸がん検診を受けることもできます。この場合、費用は全額自己負担となるため、住民検診などよりも割高です。ただし、症状がある場合や精密検査のための受診の場合には、保険診療となります。



接種についてのお問い合わせは
広瀬内科クリニック 代表052−629−0770 まで
通常診療時間内にお問い合わせください。

<子宮頸がん予防ワクチン『サーバリックス(2価HPVワクチン)』の予約について>



関連ホームページ
子宮頸がん基礎知識 -allwomen.jp すべての女性のための子宮頸がん情報サイト-(グラクソ・スミスクライン)



平成23年9月5日追記>
子宮頸がん予防ワクチン『ガーダシル(4価HPVワクチン)』についてはこちらをお読みください。


広瀬内科クリニック
458−0830 愛知県名古屋市緑区姥子山1丁目608
TEL:052−629−0770
http://hirosenaika.com