Hib髄膜炎って何?

Hib(ヒブ)とは、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型( Haemophilus influenzae Type b )という細菌のことです。 最初に発見されたときにインフルエンザ感染者から発見されたため、この“インフルエンザ菌”という名前がつきましたが、皆さんの知っているインフルエンザウイルスとはまったく違います。
このHibという細菌が、ヒトからヒトへ飛沫感染し、鼻咽腔に保菌され、これが病原菌となり、肺炎や喉頭蓋炎、敗血症などの重篤な全身性疾患を引き起こします。なかでも髄膜(脳や背髄を覆う膜)に感染するHib髄膜炎は最も頻度が高く、予後が悪い病気です。


Hib髄膜炎はいつかかるの?どのくらいの子どもたちがかかるの?

多くの場合は生後3ヶ月から5歳になるまでの子どもたちがかかります。
特に2歳未満のお子さんに最も多いので、要注意です。毎年全国で約600人の乳幼児がHib髄膜炎にかかっていることがわかっています。



Hib髄膜炎にかかるとどうなるの?

Hib髄膜炎にかかると発熱、頭痛、嘔吐、不機嫌、けいれんなどのかぜのような症状がみられ、そのうちの約5%は死亡、約25%に後遺症(聴覚障害、発達遅延、神経学的障害など)がみられます。


Hib髄膜炎の治療法は?

Hib髄膜炎は、初期症状がかぜ症候と区別がつきにくく、簡単な検査では診断がつきません。
また早期診断がついても、現在では耐性菌が増えているため治療が難しくなっています。
このためワクチンの研究が開始され、1987年に米国で使用開始されたのがHibワクチンです。
世界保健機構(WHO)では、1998年にHibワクチンを乳幼児への定期接種ワクチンに推奨し、現在までに世界120カ国以上で導入されており、それらの国ではHib髄膜炎は、過去の病気となっています。


Hibワクチンの安全性は?

Hibワクチンの主な副反応は、接種部位の赤みや腫れで、そのほか発熱が数%報告されています。
これらは通常一時的なもので、数日以内に消失します。
また、Hibワクチンは製造工程にウシ由来の成分が使用されていますが、海外で使用されてから、ワクチンが原因でTSE(伝達性海綿状脳症)にかかったという報告は現在までありません。


Hibワクチンの接種はどうしたらいいの?

当院で接種を受けることができます。(完全予約)
(*現在、メーカーからの供給量が極めて少ないため、予約受付日を限定させていただきます。詳しくは<Hibワクチン「アクトヒブ」予約について>をご参照ください。)
望ましい接種スケジュールは、生後2〜7ヶ月で開始し、4〜8週間あけて3回、その1年後に追加接種1回の、計4回です。
但し、接種を開始する年齢(Hibワクチン1回目を接種する月齢)によって接種回数がかわります。お子さんの年齢に合わせた接種スケジュールを確認の上、ご予約ください。
また、すでに接種開始年齢を過ぎていても、5歳までは接種することができます。
詳しいことは、ご相談ください。


接種についてのお問い合わせは
広瀬内科クリニック 代表052−629−0770 まで
通常診療時間内にお問い合わせください。

<Hibワクチン(ヘモフィルスインフルエンザ菌b型ワクチン)「アクトヒブ」予約について>



関連ホームページ


広瀬内科クリニック
458−0830 愛知県名古屋市緑区姥子山1丁目608
TEL:052−629−0770
http://hirosenaika.com